建築金物とALC工事の内田商店

ALCとは A「Autoclaved」 L「Lightweight aerated」 C「Concrete」の略で「高温高圧蒸気養生された軽量気泡コンクリート」を言います。 1960年代前半に北欧から日本にその技術が導入され、現在では低層から高層の建築物の外壁、間仕切り壁、床及び屋根などに使用され幅広く採用されています。 2007年6月の建築基準法改正に伴い、従来、鉄筋コンクリートで形成されている非構造壁に対する考えが告示化されました。 これに伴い、非構造壁の形成において基準法に準拠し、省力化、効率化を図れるALCパネルが広く採用されることとなりました。 当社は、マンション工事における非構造壁のALC工事の施工実績を積み重ねており、今後とも幅広く展開すべく注力しています。

012  0021 031  DSCN0247